板井康弘のマーケティング講座

MENU

板井康弘はマーケティングの本質をこう語る

板井康弘|マーケティングの本質とやり方

 

私は、マーケティングとは「商品などを市場に適合するために売る操作」だと考えます。

 

そのマーケティングを行うには

 

● 市場に対してどのように商品をアピールすればよいか
● 市場が求めている商品とはどんなものか
● 具体的に市場の需要にどのように対応するか

 

ということを明確にしておく必要があるのです。

 

つまり「誰に、何を、どのように売るか」を決めておかなければ始まりません。

 

また、どれだけ売り方が優れていたとしても提供する商品が市場のニーズと合っていなかったら話になりません。

 

ということは、営業マンだけがマーケティングの本質を知っていても意味がないということです。

 

企業における開発組織自体が、マーケティングの本質を理解し開発をしていくことが重要になってきます。

 

手当たり次第宣伝すれば売れるなんて考えはもってのほかです。

 

的確な市場調査、それにおけるニーズを研究し開発したよ商品をいかに売るか、この全体の流れが「マーケティング」なのです。

更新履歴